未分類

補正下着がバストに与える影響や選び方のポイント

投稿日:2017年10月22日 更新日:

一般的に補正下着と言う物は体のラインを整える為に着用されていて、代表的な物にはボディスーツやガードルなどが挙げられます。そしてバストアップやバストを綺麗に見せるためにはバスト矯正ブラが使われるのですが、基本的にこの考え方は正しいとされています。
と言うのも矯正ブラジャーには脇や背中、お腹周りの肉をバストに集め定着させる効果があるとされていますので、着用する事によってバストを大きく綺麗にする事が可能になると言われています。
ただし定着させるには長い時間がかかりますし、根本的な部分で着け心地などが考慮されているとは言えません。なので着用した時に息苦しさを感じることがありますし、中には着用を苦痛に感じてしまう方がいらっしゃいます。
したがってバスト矯正ブラを着用する際には選び方が重要になっていて、万全を期すのであればオーダーメイドしてしまう事が良いとされています。
まず既製品の場合ですが、こちらはしっかりとフィッティングして自分のバストと会った形のブラジャーを探す必要があります。なのでなかなか見つからない事もあれば、どのブラジャーでも微妙に合わなかったりする可能性も出てきます。
しかしオーダーメイドで作った場合には、そもそも自分の胸の形に合わせて採寸を行いますのでサイズが合わない可能性はほぼ皆無だとされています。さらに下着専門店で注文する事が一般的ですので、専門知識を持ったスタッフと相談しながらオーダーする事が可能になっています。
こうする事で着用時に胸の肉がこぼれたりする事が無くなりますので非常に効果的なバストアップや補正が期待でき、それが本気で補正下着を選ぶのであれば専門店でオーダーしてしまう事が最も良いとされる根拠になっています。

広がってしまったバストを引き締める方法

女性のバストは非常に柔らかく形が変わりやすいものなので、バストが広がってしまったと言う方も少なくはありません。バストが広がってしまうとサイズが小さく見えてしまいますし、場合よっては太って見えるようになってしまう可能性もあります。
なので胸が広がってしまった場合には引き締めて元の位置に戻してやる必要が出てくるのですが、この時にポイントになるのが小胸筋になります。一般的バストアップでは大胸筋を鍛える事が良いとされていますが、胸の引き締めには小胸筋が重要になるとされています。
小胸筋は腕を下す際に使われる筋肉で、胸の筋肉を内側に引っ張る働きがあります。したがって小胸筋を鍛える事で胸が内側に引っ張られてやすくなり、それが胸の引き締めに繋がっています。
またクーパー靭帯も非常に大きく影響していて、クーパー靭帯が伸びてしまうとバストが垂れたり広がってしまいやすくなります。なので普段からホールド性の高いブラジャーをつける事で保護する必要がありますし、就寝時にはナイトブラ、運動する際にはスポーツブラをつけてクーパー靭帯にかかる負担を最小限にする事がバストの広がりなどを防止するポイントになります。
さらに普段から姿勢よくしておく事も重要だとされていて、猫背などの悪い姿勢はバストにも悪影響を与えると言えます。ただしこの時には反り腰にならない事がカギになっていて、一般的に言われるような胸を張った姿勢はバストの広がりを助長する可能性が出てきます。したがって、背筋を真っ直ぐに伸ばして前傾姿勢や反り腰にならないことを意識して生活することが大切になるとされています。”

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

バストのあせもに要注意!跡を残さないための対処法とは?

夏は汗による肌トラブルが増える季節でもあります。 汗が原因で起こる肌トラブルと言えば「あせも」ですよね。 特に女性は、胸の谷間や胸の下部分などバスト周辺のあせもに悩んでいる方が多くいます。 どうしてバ …