未分類

バストのあせもに要注意!跡を残さないための対処法とは?

投稿日:2017年10月3日 更新日:

夏は汗による肌トラブルが増える季節でもあります。

汗が原因で起こる肌トラブルと言えば「あせも」ですよね。

特に女性は、胸の谷間や胸の下部分などバスト周辺のあせもに悩んでいる方が多くいます。

どうしてバスト周辺にあせもができてしまうのか、原因と対策をご紹介します。

まずは「あせも」についてです。

あせもとはれっきとした皮膚疾患です。

白いポツポツの水溶性汗疹、赤いポツポツの紅色汗疹、青白い湿疹が繋がっている深在性汗疹と大きく分けてこの3種類に分けられます。

バスト周りにできるあせもは、ほとんどが紅色汗疹ですが、見た目も赤く目立ちますし、何と言っても強い痒みが不快ですよね。

では、どうしてあせもができるのかご存知ですか?

汗の成分はそのほとんどが水分ですが、汗が肌についたまま放置しておくと、皮膚にある常在菌や皮脂などによって皮膚に炎症を起こします。

汗を出す汗管をつまらせて発汗を妨げてしまうのです。

放出されなかった汗は皮膚内に留まり炎症を起こします。

この炎症の状態があせもなのです。

汗は全身にかくものですから、あせもは体のどこにでも現れます。

しかし女性のあせもがバスト周辺に多い理由として、まず第一に下着の密着があります。

つまりブラジャーの着用が、バストのあせも原因になっているのです。

ブラジャーを着用して汗をかくと、汗は外に発散されることないため蒸れた状態になります。

そうすると細菌が増殖しやすい環境となり、細菌を含んだ汗によって汗管をつまらせ炎症を起こしてしまうのです。

あせもの予防・対策として手っ取り早いのは汗をかかないようにすることですが、猛暑の季節そんな事無理に決まっていますよね。

かいた汗をすぐに拭き取ったり洗い流すことができれば越したことはありませんが、自宅ならともかく外出先では難しいです。

そこでおすすめ対策としては、まずワイヤーのついていないブラジャーを使用することです。

ワイヤーブラは密着度が高く蒸れやすいので、ワイヤーなしのブラジャーか、またはカップ付きインナーの使用をおすすめします。

今では様々なメーカーで通気性に優れた素材のものを多く販売しています。

そういったものであれば、通常のブラジャーよりもかなり蒸れを防ぐことができます。

もちろん下着だけでなく、服も蒸れないものを選ぶようにしましょう。

暑い季節には蒸れやすいナイロンやレーヨンなどは避けた方が無難です。

天然素材のコットンやシルク、麻などは通気性も高く蒸れを防止することができますよ。

汗予防にはベビーパウダーが有効ですが、つけるぎると反対に汗管をふさいでしまう要因にもなりかねないので注意が必要です。

たとえ汗をかいたと感じていなくても、皮膚に汗がついていることはとても多いです。

ですからトイレに行かれた時など、制汗シートなどでバスト周辺を拭き取ることもあせも予防には効果があります。

意外に思われるかもしれませんが。あせも対策として保湿はとても大切です。

暑い季節にはべとつくのを避けるため、ついついボディケアを怠りがちですがこれこそが大間違いです!

肌が乾燥した状態では細菌に対する抵抗力も弱まるため、あせもを発症しやすくなっていまします。

肌の抵抗力をアップさせるには、健康な肌状態が必要です。

そのためあせも対策に保湿ケアが必要になってくるわけです。

しかしどんなに気をつけていても、猛暑の季節はたくさん汗をかくのであせもができてしまう可能性はありますよね?

もしもあせもができてしまったら、まずは肌を刺激せずに専用の薬で対処しましょう。

あせもができたからと、お風呂で洗いすぎたり制汗シートで拭くのは逆効果です。

かえって肌に刺激を与えてしまい、あせもを悪化させてしまいます。

お風呂では石鹸やボディシャンプーは使わずにぬるめのお湯で洗い流すようにして、清潔なタオルでやさしくふくようにしましょう。

くれぐれもゴシゴシ洗いや拭き取りは禁物です!

その後であせも用の薬を塗りますが、血行が良くなると赤みも増し痒みも強くなる傾向があります。

薬を塗る際に強くこすったりしないよう注意しましょう。

なかなか症状が改善されない、または悪化するようであればすぐに皮膚科を受診することをおすすめします。

あせもとは言え悪化すると跡が残る場合があるからです。

バストにあせも跡なんて残したくありませんから、早めに専門医にかかるようにしましょう。

あせもによるバストの不快な痒みと赤みはできれば避けたいものです。

暑い季節のあせも予防に是非役立ててみて下さい。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

補正下着がバストに与える影響や選び方のポイント

一般的に補正下着と言う物は体のラインを整える為に着用されていて、代表的な物にはボディスーツやガードルなどが挙げられます。そしてバストアップやバストを綺麗に見せるためにはバスト矯正ブラが使われるのですが …